ピンクのバラ

プリザーブドフラワーについて知っておくこと

花

プリザーブドフラワーは生のお花に特殊な液体に付け置き加工を施したもので、主にバラやカーネーション、マムなどのお花とあじさいなどのグリーンと一緒にアレンジされている事が多いです。そして、何と言ってもプリザーブドフラワーには生花にはない様々な色合いがあります。例えば、濃い青のバラや黄緑のバラを作ることができます。フレッシュでかつ発色もキレイなので、結婚式のブーケや母の日の贈り物などにもよく利用されています。
保存期間ですが、状態がよければ、1~2年はみずみずしく咲き続けます。 そして、アレルギーの原因となる花粉やにおいがありません。(一部少し香るものもあります。)
又、枯れないので、水やり・水換えなどの世話をする手間がいりません。透明のケースに入れて直射日光があたらない場所に保存すれば、ホコリもつかずによい状態のまま保存することができます。保存がきくので、結婚式に好んで使い、記念品としてとっておく人も増えています。
プリザーブドフラワーは生け花の流派のように決まりがありません。ですので、使い方をマスターすれは、初心者でも簡単にアレンジが作れるのでオススメです。これからの時期ハロウィンの飾りやクリスマスのリースを作ったりすることもできます。