ピンクのバラ

プリザーブドフラワーはプレゼントとして贈ることが人気

白い花

特別な日のプレゼントに花を贈ろうと考えても、すぐに枯れてしまう生花だと、折角のプレゼントなのに・・・と思ってしまいますよね。そこで、近年大阪ではプリザーブドフラワーをプレゼントとして贈ることが人気となっています。では、プリザーブドフラワーとは、どういったものなのでしょうか?
・プリザーブドフラワーとは
プリザーブドフラワーは、花の水分を一旦抜き、保存液を吸わせ、再度乾燥させて作られます。自然乾燥させるのみのドライフラワーと違い、プリザーブドフラワーは保存液を吸わせることで生花のようなしなやかさとみずみずしさを長期間保てるのです。また、保存液を吸わせる工程で染色するため、ドライフラワーよりも長い期間鮮やかな色を保ち、色褪せにくい花と言えます。そして、生花には存在しないブルーやグリーンのローズなど様々なカラーバリエーションを作り出すことも可能です。
・プリザーブドフラワーの取り扱い
プリザーブドフラワーは長期間楽しめますが、高温多湿に弱く、直射日光やエアコンなどの風に当たってしまうと劣化の原因となります。また、水分にも弱いので、プリザーブドフラワーに水をあげないことはもちろんですが、生花と一緒に飾ることも控えたほうが良いでしょう。