ピンクのバラ

プリザーブドフラワーでウエディング

花とティアラ

ウエディングにはプリザーブドフラワーを使うと、長期間保存ができるので思い出を大切に残すことができます。
プリザーブドフラワーで作ったバック型のブーケがおすすめです。手に持って下げられるタイプのものです。お花を好きな色に着色できるので、ドレスに合わせてぴったりのものを作ることができます。バッグ型だけではなく、ハート形や三日月形、ボール型などアレンジが可能です。花材は色々な花を使用できますが、華やかさを出せるということでバラが人気です。お花だけではなく、リボンを付けたり、持ち手にパールをあしらったりできて、キュートなブーケに仕上がります。金額は材料によって、大きさによっても異なりますが、2万円台が主流です。その日だけではなく、結婚式が終わってもインテリアとして飾っておけるので、家の中が明るくなります。
白無垢や色打掛など和装にも似合うブーケが作れます。これも、プリザーブドフラワーを使うと、着物に合う色がきれいに出せるからこそ、上品な仕上がりになります。和風ブーケは、赤や白、黄色や黄緑いろなどはっきりとした色のものがよく合います。逆に、ドレスにはピンクや水色などの優しい薄い色のものが多くあります。決まりはありません。好きな色を選ぶことができるのが、プリザーブドフラワーの魅力です。